読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女子大生いろいろチャレンジブログ

北海道の獣医学生。漢検、断捨離、学校生活など。

服選びのポイント

今日はサークルの帰りに服を買いに行きました。

 

 

静電気の起こりにくいチュールスカートを一年以上ずっと探していまして、今日、ようやく見つけました!!しかも、リバーシブル!!!普段色チ買いはしないタイプなんですが、嬉しくて白と黒2色買ってしまいました。

店頭では在庫が少なかったですが、ネットでも買えるようなのでリンクを貼っておきます。

 

 あれ、実物の方が高見えするし、かわいい気がする。結構写真では膝が出てますが、実際履くと膝はそんなに見えないですよ~。

膝下、ポッケットありという基準はクリアしていませんが、ありとあらゆるプチプラチュールスカートを履いてきて、初めて合格点に達したスカートでした!満足(^^*)

そのうちコーデもあげていきたいなーと思います!

 

大学生になりたてのころ、私服でどんな服を着ればいいのか全然分からなくて失敗ばかりしていましたが、今日 服屋をいろいろ回ってみて、最近、基準をもって服を選べてきたなー!と感じます。失敗してきたものについて、今回自分の基準を、覚書程度に書いておきます!時期は悪いですが、これから大学生になる人とかぜひ(秋入学か?(笑))!

 

全体を通して

 

よっぽど気に入った柄以外は、奇抜な柄は買いません

→気に入ってるペイズリーっぽいスカート以外はボーダー、チェック、上品な花柄しか持ってないです。レトロ柄やドットは卒業しました。余計なリボンとかギャザーとか主張しすぎるボタンとかも避けてます。

迷ったら、ポケットなし、リバーシブルじゃないなら買わない

→もしかしたら同じ価格帯で、似てるやつでポケット付の服に出会うかもしれないから。ポケット便利です。リバーシブルも然り。

下着が透けない、下着のラインが見えないもの

→ペチコート履いてる時間や、肌色の下着とか使い分けてる時間がないかもしれないから。旅行の時ペチコート持っていくのが面倒。

 

 

パーカ

 

 

薄い生地ではなく、厚くてしっかりした生地のもの

→薄いと寿命が短い

生地が伸びやすいので、ジャストサイズもしくはやや小さ目

→大きめを買うと着脱は楽だがだらしがない印象だし、ジャケットにインに着た時下からはみ出すぎてなんかカッコ悪い

・カジュアルすぎない白やグレーが使いやすい気がする

→紺ジャケットやライダースのインにしたりするので、同系色の紺や黒より使いやすいです。

 

 

タイトスカート

 

大股を広げられる伸縮性はあるか

→自転車にいっぱい乗るので…以前確かめないで買ったら伸縮性なさ過ぎてダメでした

下っ腹がぽっこり出ないか

→ストレッチ素材のものに注意です。ウエスト大きめを買っています。

丈は膝ちょい上くらい

→ここは人の体型によるかと思います。私は腿が太く、また短いと自転車に乗れないのでこの丈ですが、脚が真っ直ぐな友達はミニ丈がすごく似合います。短いと若くてセクシーな印象があります。

色は自分のなりたいイメージに合わせる

→何色でも使いやすい気がします。白は洗練された感じ、キャメル・カーキは活発な感じ、黒はモード系、インディゴはカジュアルな感じかなあと。

 

 

フレアスカート

 

・ボリュームがありすぎないもの

→ありすぎるとお尻のデカさを強調されます。細い人は似合いそう。

膝前後の丈

→腿が太いので腿真ん中丈だとムチムチしてます、膝のお肉がスゴくて素足で履けませんでした。

裏地あり

→住んでいるところが強風の日が多いので、裏地がないとスカートが軽くて不安だったりします

静電気で張り付いて上がってくることがない

チュールスカートで起こりやすい気がします。エレガード買えばいいんですが、それも面倒なので、一着一着履いて、捲ったり足踏みしたりしゃがんだりして見極めます(笑)

 

 

ショートパンツ

 

長すぎず短すぎず、太もも真ん中ちょい上くらい

→タイツにも素足にも対応できるのがこの丈でした。長いと大人っぽく、短いと若々しくなります。

太ももに余裕のある裾わたり

→前ピタピタのを持ってて、素足で履いたらなんかムチムチで危ない人でした。

濃いめデニムが使いやすい

→デニムや白などいろいろ試しましたが、結局デニムを買いなおしました…白はお姉さんっぽくてかわいいんですが、汚れも目立つしタイツなしだと下着が気になって履きにくかったです。ホワイトデニムも買って、いい線行ってたんですが、丈がやはり長くて、Tシャツ+ショーパンのシンプルコーデの時ださかったです。その時の記事はこちら↓失敗した~~

minimumblog.hatenablog.com

 

 

ふぐたは服選びの専門家でもなんでもないため、かなり偏った記事になってしまいましたが、着る服がない!と悩んでる人の役に少しでも立てれば幸いです。