女子大生いろいろチャレンジブログ

北海道の獣医学生。漢検、断捨離、学校生活など。

近況2

先週の実習後、この学部無理かもって思いました。なんで元気な動物を痛めつけなくてはいけないのか、人はどうして傷めつけられたラットに対して慣れて、緊張感をなくすのか。


実習は嫌でしたが、私にできることは少しでもラットの苦しむ時間を短くすることだから、短時間で正確にやろうと思って、本とビデオを見て結紮とか内臓の位置とか器具の使い方とかを予習しました。
大学に入る前は実習の予習して当たり前!と思っていて、医療漫画のスーパー医師みたいになれるもんだと思ってました。
でも、実際はテスト勉強に毎日追われて、予習を怠っていた。周りも予習しないので、それが普通だと思いかけてました。でも、それで前回苦しい思いをしたのは私だし、他でもなく一番かわいそうなのはラットでした。

今日は性ホルモンの周期を見るために、ラットの卵巣を切除するという内容だったのですが、さほど長い時間はかからず、麻酔も少量で済みました。今回はちゃんと鎮痛薬を打ってたし、これからも定期的に打つらしいので安心。前回は鎮痛されてたのかは、勉強不足の私にはやっぱり分かりません。

で、縫合も綺麗にできたんですが縫合したあとになって、きちんと卵巣を全摘できてたのか不安になりまして。ちょっとでも残ってたらホルモンの量は変わるから結果が変わってしまう。
縫合がうまく行ったことに浮かれてて最初はそんなことに気づけませんでした。うまく摘出できてるかどうかは来週分かります。それまではすごく不安。クリッピングしててちょっと色が変わったからといって、卵巣を見分けられなかったのはやはり私の勉強不足になります。

それに、今回はラットを殺さなかったけど、来週には子宮観察のため殺さなきゃいけなくて。
そして、私は元気なラットの体を痛めて、痛い思いをさせてるんだなーと思うと、言われた通りの手順をやっただけでもやっぱり辛い。少しでも痛みなく安心して寝ててほしいよ。寝れないくらい痛かったらどうしよう。

動物を取り扱う立場上、こういうのは考えないで心を無にする方が楽だろうし、浪人中はひたすら心を無にしていたので、今回もしようと思えばできると思うんですが、なにも考えないことに慣れたくないです。今回必死に勉強したのも、ラットの苦しみを少なくするためであって、生かすこと、苦しみを減らすことが私の原動力なんだと分かりました。

それでもいつかは慣れてしまうかもしれないのでブログの普段の内容とは違いますが、そのときのために書き残しておこうと思いました。