女子大生いろいろチャレンジブログ

北海道の獣医学生。漢検、断捨離、学校生活など。

ちょっと頑張りすぎちゃったおはなし。

近況(2017年)とゼミのおはなしです。

 休学しました。絶対6年間で卒業するぞーと思ってたので、休学とは無縁だと思ってました。

 

4月に4年生に上がり、ゼミに所属しなければいけなくなりました。卒業までの2年半という長い期間所属することになるので、人間関係だったり就職先だったり拘束時間だったり、色々考えて25個くらいあるゼミの中から1つ選ばなくてはならなくて、ゼミ決めは一大イベントです。

ゼミにも定員があるので、おおよそ1年からの専門教科の成績順で、入りたいゼミに入れます。

 

私の成績は、4年の5月時点で学年約140人中、6~9位でした。

なんでこう曖昧なのかというと、順位表が公表される訳ではないのです。GPA分布表というのが配られるので、それと自分の成績を比べ合わせて「○.△△~○.△□の成績には××人いる」というのが分かります。

色々悩みに悩んで、やっぱり2年の頃から憧れていた一番人気のゼミに行くことにしました。

ゼミは臨床系と研究系に分かれていて、臨床は以下に分かれます。

・牛や馬などの大動物

・犬猫の小動物

 

研究は基礎や感染症などに分かれます(アバウトやなあ)。

 

自分は1番人気だったところに入ってしまったのもあって、周りが頭いい人だらけで、ゼミについていけなくなってしまいました。質問に行きにくい人間関係とかいろいろ複雑な要因があるんですが、ゼミとともに新たなバイトも始めたり、告白したら「ブサイク」って言われてフラれたり、そんなこんなで自分に自信を無くして醜形恐怖症になっていて、獣医学に対する情熱もなくしてしまい、気づいたら自殺未遂をして救急に入院し、「ああ、一旦大学から離れよう」と思ったのです。

 

 

思えば、2017年は辛い年でした。信じていた友人に裏切られたり、好きだった趣味が嫌いになってしまったり、対人トラブルが多かったです。お酒は弱いのですが、前期は毎晩のようにお酒を飲んでやり過ごしました。祖母に泣きながら「つらい。大学辞めたい」とこぼすと、「甘ったれるんじゃない」と窘められ、自分に鞭打つように勉強とバイトしてきました。

夏休みになんとか色々模索して生き生きしていたのですが、後期にゼミが始まり、希望が見えなくなってしまいました。

私はラットを殺します。私にとって1匹のラットも1人の人間と同じ命です。だから私は人殺しです。論理がおかしいけど、そういう気分ってことです。

私は獣医に向いてないのかもしれません。

 

 

休学してどんな生活を送っているかというと、休学を決める前後1ヶ月は無気力で、なんにもできませんでした。ずーっとベッドにいて、たまに元気が出たら漫画読んだりポケ森したり。でもずーーっと寝てました。1日16時間くらい寝てました。外も出れませんでした。顔も洗えず風呂も入らず、歯も磨かず(2ヶ月歯を磨かなかったおかげで今すごい虫歯)。

久しぶりにクリスマスイブに100m先のスーパーに一人で行けた時は感動してしまいました。

今はメンタルクリニックにも行きながらだんだん犬の散歩など外出できるようになり、先週進路に関する説明会を聞きに東京にも行けました。まだ札駅(札幌駅)みたいな人が多く且つ知り合いに会いそうなところには行けないのですが…。

ブログは書き溜めていることとかを今後あげていきたいと思います。